スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一日シューティングゲーム制作 with GameMaker

ねむい
Yahoo!ブリーフケース


■ GameMaker

確かにGameMakerで一番作りやすいのはシューティングだと思った。
ジャンプアクションがないのが肝なのかな、踏んづけたり叩いたり、
多方向からの衝突なり反射なりを考えるとGameMakerでもめんどそうな気がする。

ちょっと気になったのがIf文の構造。見にくいというか使いづらいというか、
でもそこまで酷いってわけでもない。

爆発とかその辺のエフェクトも簡単に実装できそうだけど、
そもそも絵が描けないからなぁー、やっぱりここの溝は深い。

プログラミングに比べてシューティングの骨格部分を作り上げるまでの時間が
段違いに早い。複雑なことをやろうとすると、GameMakerの仕様を
ちゃんとわかっていないと情報がグチャグチャになって制御できなくなりそう。

やっぱり新しい環境でゲームを作ると、はじめてゲームを作ったときのような
新鮮な感覚を味わうことができる。全然たいしたことやってないのに、例えば
自機が上下左右に動いて弾をぴゅーんって撃つだけなのに、無性にうれしくなる。

趣味レベルのフリーゲームに関しては完成させることが大事だというのが持論なので
そういう意味ではGameMakerという選択肢もあり。僕自身そこまでプログラミングに
固執する理由があるわけでもないので。アイデアさえあればそれを具現化するツールは
なんだってかまわないはず。

■ 追記

・ボスとの衝突判定入れ忘れたので修正。難易度も微妙に補正。
・音にノイズが入ってる。そういえば「boidtrancer」もノイズが入ってたような。
 あれは演出だと思ってたけど。GameMaker側だとしたらかなり致命的。
プロフィール

Author: int
 ● 【 ホームページ 】
 ● 【 Twitter 】
 ● 【 ニコニコ mylist 】

Games:
痛快バイクレースアドベンチャー!
【 ダウンロード 】

ゲームの感想、その他メッセージは
 ● 【 メールフォーム 】
 ● 【 拍手ページ 】

カテゴリ
最近の記事
ブログ内検索
月別アーカイブ
QRコード
QR
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。