スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ハッピーチャレンジャー山田」的オススメ! その2

アイドルマスター ディアリースターズ 特典 アイマス芸能界のアイドル雑誌「ViDaVo!“ビダヴォ!”」(ヴァイスシュヴァルツ アイドルマスター PRカード「876プロ」封入)付きアイドルマスター ディアリースターズ 特典 アイマス芸能界のアイドル雑誌「ViDaVo!“ビダヴォ!”」(ヴァイスシュヴァルツ アイドルマスター PRカード「876プロ」封入)付き
(2009/09/17)
Nintendo DS

商品詳細を見る


電撃オンラインより

アイドル自身の視点でサクセスストーリーを体感できる"トップアイドルアドベンチャー"。おなじみの765プロよりも小さくてまだ新しい"876(バンナム)プロ"を舞台に、3人の新人アイドルがトップアイドルを目指して羽ばたく姿を描いた物語を、アイドルの視点で進めていく。ゲームを構成するおもな要素は、行動方針を考える"ミーティング"、さまざまな人々と出会ってたくさんの思い出を作る"営業"、タッチペンを使ったミニゲームで実力を身につける"レッスン"、アイドルとしての実力を審査員にアピールする"オーディション"など。マルチエンディング採用により、どのような経験をしたかによって物語の結末は変化する。なお、ステージでのカメラワークやダンスの振り付けは、プレイヤーが自由にアレンジ可能。また"Wi-Fi通信モード"では、アイドルステージの全国ランキングへの登録や閲覧ができる。

http://dol.dengeki.com/

Amazon 商品の説明より


「ハッピーチャレンジャー山田」の制作にあたり、影響を受けた作品などをいくつかピックアップして紹介する企画。二発目は「アイマスDS」です。

巷では、「運依存度が高く単調なシステム」、「肝心のグラフィックが荒い」など、欠点が先行している作品。しかもバイクもゼロヨンも関係ない作品です。なぜここで紹介するのか、ただ単に「アイマス」言いたいだけだろ、とつっこまれそうなので、ちゃんと説明しますね。

「アイマスDS」のネタバレ含むので以下追記で。


 
●持ち歌の唯一無二性!!

基本的に「アイマス」ではプロデュース中アイドルの楽曲を選ぶ際、「この曲は誰々専用」といった区別はなく、どのアイドルでも好きな曲を自由に選択することができます(SPのMA曲も買えば使えるので)。一応持ち歌という要素はありますが、ゲーム中のストーリーに直接的に絡むことはほぼなく、持ち歌を選べばパラメータが少し上がるぐらいのものです。

「アイマスDS」でもこの例に漏れずに、基本的には共通の楽曲から選択する形式で進んでいくのですが、終盤の「ここぞ!」というタイミングで持ち歌を絡めたストーリーが展開、キャラクター固有の楽曲が解放され、楽曲固定で終盤を闘っていくという異例の事態が発生します。

選択肢が狭まるという理由でこういうシステムを嫌う人がいるとは思いますが、僕はむしろ大好物で、キャラクター達には唯一無二のものを持っていてもらいたいという欲があるんですね。前回の「ワイスピ」の車選びの部分だとか、ドラクエ3があんま好きでなくて 4 や 5 をむしろ好むというのもその辺りの嗜好の表れだと思います。

「山田」の中では、バイクが唯一無二要素に当たり、「俺の」「私の」「僕の」等の所有格を用いて、割と明示的に所有物への執着を表現しました。


●存在感のあるライバル! 負けイベント!?

「アイマスDS」には「アイドルマスター」に登場する765プロのアイドルが先輩アイドルとして、ときにライバルとして登場します。中でも印象的だったのが、日高愛・水谷絵理の両ルートの序盤の段階で、星井美希が敵として登場したこと。

過去作品をやったことがないプレイヤーのためにストーリー上でもフォローが入っていたと思います。765プロのアイドル達が既に売れっ子として活躍している時代、相手はあの天才設定の持ち主・星井美希。負けフラグがビンビン立っていますが、オーディションで「愛と絵理がそれぞれの持ち味に一点特化し、美希への注目を削ぐ」という作戦により、紙一重で勝つことができます。

僕自身が、主人公をあまり器用な人間にしたくないという思想の持ち主なので、天性の才能が開花したでもなく、主人公側に有利な条件があったとかでもなく、純然たる説得力をもって負けフラグを覆すというこのストーリーにはしびれました。

「現代物」、「非武力バトル」、「ADV」というフォーマットは、僕の創作物と共通するところであり、もし「アイマスDS」をプレイしたのが「山田」の制作終盤の時期でなければ、もっと影響が出ていたと思います。

ちなみにライバルとの熱い掛けあいはPSP版の「アイドルマスターSP」のストーリーモードでも楽しめるので、こちらもオススメです。
プロフィール

Author: int
 ● 【 ホームページ 】
 ● 【 Twitter 】
 ● 【 ニコニコ mylist 】

Games:
痛快バイクレースアドベンチャー!
【 ダウンロード 】

ゲームの感想、その他メッセージは
 ● 【 メールフォーム 】
 ● 【 拍手ページ 】

カテゴリ
最近の記事
ブログ内検索
月別アーカイブ
QRコード
QR
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。