スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HSPプログラムコンテスト2011

HSPプログラムコンテストの作品は毎年ざーっとプレイするようにしています。

応募作品すべてをプレイするのは大変なので、選定基準として僕が持っているのは、「+αの要素があること」で、例えばオリジナルのキャラクターが出ているだとか、ストーリー性があるだとか、「HSP」で作ったゲームという側面よりも、一つのフリーゲームとして楽しめる作品を見つけたいと思っています。

いくつか琴線に触れたものを紹介します。

マリントライ
これ単体でもパズルゲームとして成立していますが、「絶対的人狼」などのようなフォーマットで、ストーリーものにアレンジすることができそうで、そのあたりに可能性を感じました。あと、少なくとも効果音はつけるべきだと思いました。

船は隣接して設置されることがない、というルールを適用したほうが推測しやすくなると思いました。

elevator fantasy
一番楽しみました。

エイキョノカケラ
雰囲気が良いです。パズルゲームに特化するならステージエディタ、ゲームとしての側面をより押し出すなら、ストーリーがあると良いです。

2D自由切断アクション 「七人のハナコさん」
マウス+キーボード操作はそんなに好きではないけど、地味になりがちなHSPコンテストでこういう作品があることは大事だと思います。
イベント漫画を一コマ一コマではなく一ページ一括で表示できる操作があると便利です。



主催者側が応募作品を抜粋プレイするHSPコンテストTVも楽しみです!
今回は11/26(土)だそうです。
プロフィール

Author: int
 ● 【 ホームページ 】
 ● 【 Twitter 】
 ● 【 ニコニコ mylist 】

Games:
痛快バイクレースアドベンチャー!
【 ダウンロード 】

ゲームの感想、その他メッセージは
 ● 【 メールフォーム 】
 ● 【 拍手ページ 】

カテゴリ
最近の記事
ブログ内検索
月別アーカイブ
QRコード
QR
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。