スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コミティア86でもらったシミュレーションRPG

EXTRAPOWER.png


「EXTRAPOWER ATTACK OF DARKFORCE」がものすごくおもしろいんだけど、
いかんせんダウンロード配信ではないので、ここでいくらすごいよ!と言っても
あんまり意味はないのかなー、とかその辺は気にせずにただ書きたいから書く。

他にこのゲームについて言及してるとこがないかと主要キャラクター名、
"雲泥田"、"面相間"とかで検索してみても、このゲームに関するものは一向に
ヒットせず。でも今ここで書いたから引っかかるようになったね。やったね。

なにがそんなにおもしろいのか。まず挙げられるのはその熱さ。
ストーリーはダークフォースの魔の手から地球を守る、というスタンダードなもので、
台詞や展開に正統派バトルものの純度の高い熱さを感じることができる。
その上で最大の魅力となっているのは個性豊かなキャラクター陣。
オープニングでアメコミのヒーローみたいなのが宇宙で会話していたかと思ったら、
舞台は地球エジプトへ。メガネ女魔法使い、半裸の教授、褐色肌の豪腕男、
しゃべるライオン、マイキーとエミリーちゃんみたいなのが出現。
ステージをクリアすると今度は中国へ。
昔なつかしのキョンシーと魔物退治を生業とする一団が登場。
そこのメンバーがまた色物ぞろいで、甲冑をまとった女剣士、兵器を操る金髪
メカニック、謎のテレパス少女など。ライバル組織からは功夫使いの少年
退魔師と狐少女。その後もステージをクリアするごとに順調にキャラクターは
増えていき、変身熱血漢、夫婦プロレスラー、魔法剣士女子高生、恋する寄生
生物など、他にもたくさん登場。ただ出てくるだけではなくて、それぞれの
キャラクターにやるべきこと、倒すべき敵が存在し、因縁や感情が縦横無尽に
飛び交いながら物語が紡がれてく。


ちょっと脱線。

市販のシミュレーションRPGでも、こういう雑多なのが好きで、
中世スタンダードやロボット集めましたよりも、「FEDA」というクソゲーの方が
断然好きだった。主人公はおっさん顔したいかつい青年で、主人公のパートナーは
犬人間。他には、狐女や怪力リザードマンやエルフ少女や鳥人や竜人とそれなりに
スタンダートなのがいて、重火器使いの武器商人、破戒僧、二刀流の狸侍、
黒豹ボクサー、アンドロイド女教師、昆虫忍者などがいる。


これだけ雑多なキャラがいると戦闘時のアクションも多彩で、中にはほんとに
正義の味方なのかみたいな攻撃をする仲間キャラも。自然と好きなキャラも
決まってきて、平均的に育てようとは思いつつも、おいしいところはこいつに
持ってかせようみたいなプチ優遇も出てくるほど。
ああもうほんとのめり込んでしまったなぁという感じ。

ちなみに今の段階で気に入ってるのは
フェイ=ホヮン=ロン、エメラルド、グラディウスの三人。
雲泥田、面相間の存在感も好き。
プロフィール

Author: int
 ● 【 ホームページ 】
 ● 【 Twitter 】
 ● 【 ニコニコ mylist 】

Games:
痛快バイクレースアドベンチャー!
【 ダウンロード 】

ゲームの感想、その他メッセージは
 ● 【 メールフォーム 】
 ● 【 拍手ページ 】

カテゴリ
最近の記事
ブログ内検索
月別アーカイブ
QRコード
QR
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。